スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の処女

鉄の処女(てつのしょじょ)は中世ヨーロッパで刑罰や拷問に用いられたとされる拷問具。ただし、空想上の拷問具の再現であるという説もある。怪奇要素のあるフィクション作品に登場することも多い。 鉄の処女(明治大学博物館所蔵)ドイツ語では「アイゼルネ・ユングフラウ(Eiserne Jungfrau)」、英訳は「アイアン・メイデン(Iron Maiden)」、または「バージン・オブ・ニュルンベルグ(Virgin of Nuremberg)」と表記される場合もある。 16世紀にドイツのニュルンベルクで作られたとされるものが特に有名であり、各地の模造品も多くはこれにならっている。 なお、名称とは裏腹に大部分のものは木製の本体で、鉄製なのは釘のみ、または釘とその留め金と扉の蝶番のみである。構造聖母マリアをかたどったともいわれる女性の形をした、高さ2メートルほどの大きさの、中が空洞の人形である。前面は左右に開くようになっており、中の空洞に人間を入れる。前述のとおり、木製のものがほとんどである。木製のものは十分な強度を持たせるために肉厚な構造になっているが、鉄製のものは比較的薄いため、写真でも区別できる。左右に開く扉からは、長い釘が内部に向かって突き出しており、本体の背後の部分にも釘が植えられているものもある。犠牲者の悲鳴は外に漏れないように工夫されていたとも言われるが、物理的には不可能であると考えられる。なお罪人が死亡した後に、前の扉を開けることなく死体がそのまま下に落ちるように「落し扉構造」があったと記述された文献がある。しかし、よほどの「大量処刑」でもない限り、死亡を視認することなく死体を床下に落とす意味がない上に、罪人を短時間に死に至らしめるほどの釘が死体に刺さっていれば、死体は釘に引っかかって落下しないため、これは虚構の説明だと推測される。使用方法罪人はこの鉄の処女の内部の空洞に入れられ、扉を閉じられる。同時に扉の部分にある多くの棘に全身を刺される。 現存するものは、釘の長さがさまざまで、生存空間はほとんどないようなものから、身体を動かせば刺し傷で済みそうなものまである。この点は罪人の身長や肥満度などの体型によっても変わるはずだが、その調整機構は見当たらず、罪人の体型に合わせた複数の鉄の処女が用意されていたという記録もない。このあたりが「鉄の処女」に対する、「処刑具」説、「拷問具」説、「脅迫道具」説(自白を迫るために見せるだけ)などに分かれる原因となっている。 もし、実際に使用されて、罪人が死亡するとすれば、棘に刺されたことによる出血多量かショック死だったであろう。現存する鉄の処女の一覧(スイスのキーブルグ城博物館副館長シルビア・シュレーゲル氏と、明治大学博物館学芸員織田潤氏のレポートによる)[1] 様々な拷問具。右後方にあるのが鉄の処女ドイツシュトルペン城ZAM(珍品博物館)ローテンブルク中世犯罪博物館イギリス拷問博物館リーガースブルグ魔女博物館スコットランド国立博物館チリンガム城イタリアサンジミヤーノ拷問博物館スイスキーブルグ城博物館オランダアムステルダム拷問博物館チェコクシヴィオクラート城日本明治大学博物館(上記レポート以外で存在が確認できる鉄の処女)オーストリアウィーン拷問博物館「鉄の処女」は実在したか現存する「鉄の処女」は、ほとんどが19世紀半ば以降の再現品である。ニュルンベルクの鉄の処女も、本物は空襲で焼失している。各地の「鉄の処女」の原型は、オーストリアの「ファイシュトリッツ城」にあるものと、1857年からニュルンベルクに存在したものの二種に分けられる。 「恥辱の樽」のひとつ。 18世紀ラベンスブルグの「恥辱の樽」中世から近世にかけてヨーロッパで行われた「恥辱の刑」と呼ばれる、晒し刑に用いられる懲罰具(拷問処刑具ではない)として、「処女のマント」、また「恥辱の樽」と呼ばれたものがあったが、これは当時の刑罰の資料によれば、受刑者は樽から頭と足だけを出して市内の広場に立たされる、というものである。ビーレフェルト大学のシルト教授は、『鉄の処女、詩と真実』(ローテンブルク犯罪博物館叢書第三巻)で、『「鉄の処女」はこの「恥辱の樽」の内側に、19世紀になってから鉄の針を付け、頭の部分を覆うよう改造されたものである』としていて、以下のように、欧州各地の「鉄の処女」を調査・検分し、すべてが「ニセモノ」だと断定している。「ファイシュトリッツ城」にある「鉄の処女」は、城主ディートリッヒ男爵がフランス革命時にニュルンベルクから購入し修復改造したもので、男爵がオーストリアで上記の「恥辱の樽」に、17世紀にベネチアで流行したマリア像の頭部と、内部の棘を付けたものとされる。「ニュルンベルク」にあったという「鉄の処女」は、1857年に当地の銅版彫刻師のG

k2kf96w6のブログ
三つ葉の王子
パチンコ攻略
2ショットチャット
競馬情報
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rocheacon

Author:Rocheacon
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。